×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



アクセスランキングを上手に利用してアクセス数を増やそう

よく「ポチっとな」とか「応援してね」とかの言葉と共にクリックを促す小さな画像バナーがありますね。人気サイトのアクセスランキングに参加しているサイトのバナーです。自分のサイトに貼ってあるバナーをクリックしてランキングサイトを表示することでカウントされていき、数が多いほどランキングの上位に自サイト情報が表示されます。そして、ランキングサイトからは同じ分野やテーマに興味を持った人々からの逆アクセスが多くなるというシステムです。その仕組みを利用して自サイトからのクリックでよりたくさんの訪問者のアクセスを得ることができまが、より多くのアクセスが返ってくる登録ランキングを選ぶことが肝心です。ランキングサイトにも人気・不人気がありますから、登録前にそのランキング上位のIN(送ったアクセス数)とOUT(返ってきたアクセス数)をチェックして、自分のサイトに適したランキングをしっかり選ぶことが大切です。あなたのサイトからどれぐらいのクリックが送れて、それに対してのバックがどれぐらい期待できるのか。10アクセス未満しか送れないサイトの場合は、大量のアクセスを送れるサイトが大挙している人気ランキングに登録しても、上位表示が期待できないので自サイトに見合ったランキングを選びましょう。

まずは、「SEOとはなにか」のおさらい。

GoogleやYahoo!などの検索エンジンを対象として、自サイトをヒットさせたいキーワードでの検索結果で上位に表示されるように意図的に自サイトのソースに手を加えることを「検索エンジン最適化、サーチエンジン最適化:Search Engine Optimization」といい、英語文を略して、SEO(エス・イー・オー/セオ)と呼びます。SEOの対象となる検索エンジンは、世界的にはGoogleが一般的となっていますが、日本の場合はYahoo! の利用者が多いため、Yahoo!サーチ対策もGoogleと同様に重視されます。SEOは基本的に作為的なものですが、あまり過剰に不適切に行うと、逆に検索エンジンのランキングを落とされてしまいますので、細心の注意を払って行うことが重要となります。何事にもルールがあっりますので、それに則った適切なSEO対策でなければなりません。しかしながら、こうした「ルール」や「決まりごと」も、日々絶えず変化していきます。今日有効だったSEOテクも明日にはなんの効果もないことになる倍もあります。最近では、検索結果の上位を占めていた多くの「ブログ」が検索表示の上位から姿を消すという事態も起きています。



気になる商品情報を検索


[ナイスな情報]

「SEO対策」はサイト運営のいろんな試行錯誤からの「傾向と対策」です。

「SEO対策」を日々研究する人々の中で決まり事として認識されていることに一つに「サイト内リンク数を100以内に抑える」という項目があります。それは過去に、サイト内リンク数が100を超えたサイトの検索順位が下がるという状況が散見したため、検索エンジンの指標としてその基準があるのではないかという認識です。しかし、googleやヤフー!では検索表示のガイドラインなどが公開されているわけではありませんので、あくまでも経験則からくる想定でしかありません。そして、こうした「経験則的な決まりごと」も、日々変化します。昨日まで効果があったSEOテクニックが今日はなんの効果もないということもあり得ます。例えば、以前は一般的にページランクを上げる方法は、被リンク数を増やしたり、ページランクが高いサイトと相互リンクすると良いと言われていました。ところが、ページランクを上げるためにページランクが高いサイトと相互リンクを貼ったとしても効果が上がるとは限らないのです。検索エンジン一括登録サービスなどを使って、被リンク数を増やしても効果が出ないことも多いです。「なぜか」。はっきり言って、だれにもその理由はわかりません。そして今日も、検索エンジン側とSEO技術者の仁義なき戦いは続くのです。^^)


spacer.gif
Copyright © 2008-2011 無料seo対策の基本と効果